アドリーナは海の底で。

なんでもあり と なんにもいらない は よく似てる

 何を以て良いとするかを定義することは、なんの意味も持たない。

だって、悪いものは自分の姿を良いものに似せてくるから。


結局、教育の行き届いた目を持つ者がきちんと監視すること。
それに尽きてしまう。



そうやって新陳代謝を繰り返すのだろう。永遠に。